沖縄で格安にダイビングのライセンスを取ろう!

沖縄ダイビングなら格安にライセンスを取得できます! 初心者の方でも安心!体験ダイビングもできますよ。 - インストラクターの同行比率

インストラクターの同行比率

絶景を楽しみたいと多くの人が沖縄に来ます。
その沖縄に来る観光客の目的はダイビングでしょう。
沖縄の海は絶景です。

神秘的に感じる様な光景を目の当たりにすることができます。

その海の中で様々な生物と対面する事でしょう。
海の中の生物と同じ様に長時間海の中にいたいのでしたら沖縄ダイビングしかありません。

ダイビングにはインストラクターが同行してくれますから初体験の方にとっても安心して海の世界を満喫する 事ができます。

インストラクターは5人の人に1人〜2人程度のインストラクターが同行する様になっているようです。
しかしトップシーズンとなるダイビングショップにとって稼ぎ時となりますとインストラクターの動向がギリギリの人数となってしまう事もある様です。

どの程度かといいますと12人程度のお客さんにインストラクターが2人しか同行できない様な状況です。
これ以上にインストラクターの動向が少ない場合にはお店に交渉をしましょう。
ダイビングを初心者に提供するようなお店には必ず何名に対して何名以上のインストラクターが必要と義務付けられているはずです。
この様なルール違反をする様な沖縄ダイビング体験ショップはあまりお勧めできません。
ある程度の事前調査をしておくといいと思います。

nimo

ウエイトの使用上の注意点

ダイビングの器材には浮力を持っているものも多いため、ウエイトと呼ばれる重りを身につけなければ潜水することはできません。
しかし、このウエイトを正しく使用しなければ、緊急時などの浮上の妨げとなってしまいます。

使用する器材や、ダイバーの体力などに応じて正しく選び、使用することが必要となります。
<ウエイトの装着>
一般的に、ウエイトベルトと呼ばれる腰に巻いたベルトに装着されます。
緊急時にこれらを即座に取り外して浮上することができる様に、ワンタッチで取り外す機構をそなえていますが、正しく装着しなければこの機能を生かすことができません。

また、装着場所や方法を誤ることで、潜水中にウエイトが脱落してしまい、浮上してしまうということも起こり得ます。
<正しいウエイト量>
ウエイト量を誤ってしまうと、重大な事故を招いてしまいます。
ウエイト量が足りないのであれば、潜水することができないだけで、大きな事故には繋がりにくいです。

しかし、適性なウエイト量を超えてしまうと、潜行のスピードも早くなり、初心者ではコントロールすることができなくなってしまいます。
慣れたダイバーであれば、ウエイトを捨てることでコントロールする事ができますが、初心者の多くはパニックになってしまいます。
水深の深い場所であれば、インストラクターであってもすぐに救助に向かうことは困難ですので、命に関わる大事故となってしまいます。

ダイビングショップやインストラクターにアドバイスを受け、適性なウエイト量でダイビングをしましょう。
スクーバダイビングにはウエイトは必ず必要となります。しかし、使用法や使用量を誤ってしまうと大きな事故の原因となります。
特に初心者の場合は自分で判断するのではなく、信頼できるダイビングショップなどのアドバイスに従って使用しましょう。

沖縄のダイビングショップです。ライセンス所得から体験ダイブまで、初心者から上級者まで楽しめるスポットを紹介します。

新着情報

◆2014/05/21
インストラクターの同行比率の情報を更新しました。
◆2014/04/11
運営者情報を新規投稿しました。
◆2014/04/08
沖縄のダイビングとトラブルの情報を更新しました。
◆2014/04/08
バディを見失ってとても怖かったですの情報を更新しました。
◆2014/04/08
ダイビングでもっとも問題なのはの情報を更新しました。